下町風情豊かな世田谷区の空気に溶け込んだ中古マンション

下町風情豊かな世田谷区の空気に溶け込んだ中古マンション

東京23区の南西部に位置する世田谷区は人口約91万人。
新しく大型マンションなどの建設が行われる一方で、懐かしい下町風情のあふれる商店街などが建ち並び、大都市部とは違った賑わいを見せています。
その下町風情を眺めるような中古マンションも多く存在しており、昔ながらの景色に違和感なく溶け込んでいると言ってもいいでしょう。
多くの不動産物件サイトでは世田谷区の中古マンション情報提供を頻繁に行っています。
区内を走る主要鉄道路線の駅から徒歩10分以内という物件が多く見られますが、中には1970年代に建てられた、築年数が50年近くというマンションの情報も多く見られます。
世田谷にある中古マンションを検討
いずれも5階あるいは6階建てで、外観写真を見るとマンションと言うよりは高度経済成長時代に全国的に建てられたアパートのような容姿でしょう。
価格は約2000万円近くとやや張りますが、南向きで陽当たりは良好、落ち着いた佇まいで世田谷区の空気にマッチした中古マンションです。