介護施設のテーブルの特徴

介護施設のテーブルの特徴

高齢化社会が進む現代社会において、介護施設というのは今もこれからも増加していく一方です。
そして介護施設の椅子やテーブルなどの家具は、通常の業務用家具とは違ったものになっています。
特にテーブルは、食事スペースだけではなくて談話室やコミュニティースペースなどに必ず必要なものになっています。
そしてそのそれぞれの場所に用途にあったものが必要になります。
そして、その全てに共通するのは安全性に配慮されていることです。
角は、誤ってぶつかってしまった時にケガをしないように丸くされていたり衝撃緩和材がつけられていたりします。
また、脚の部分にもズレたり滑ったりしないように滑り止めの素材がつけられていたりします。
介護施設で最も大切なことは、入居者の安全を守ることです。
そのためには、そこに配置する家具にも気をつかうことが非常に大切です。
テーブルや、椅子など入居者が直接、毎日のように必ず使用するものなら、なおさら注意が必要です。

様々な種類のテーブルが必要な、介護施設

介護施設は、入居者が毎日暮らす施設であるためテーブルや椅子などの家具が必要不可欠です。
食事をしたり、会話をしたり、打ち合わせをしたり、手作業をしたり、ゲームをしたりとそのスペースによってその用途に合ったものが必要になります。
談話室のソファーのそばに置き、ちょっとした飲み物やお菓子などを置くための低めのものや、車いすのままで使用することが出来る高めのもの、大人数で食事をすることが出来る長いものなどその形状は様々です。
そして、安全性にもしっかりと配慮されておりケガをすることなどがないように注意も必要です。

キャリムエンジニアリング

また、寝たきりの方がベットに寝たまま食事が出来るようなテーブルや、必要な時に使用しその他の時にはコンパクトに収納することが出来る折り畳みタイプのものまで本当に多種多様なものが必要になります。
最近では、様々な高さや長さに調節することが可能なアジャスター式のものまであります。
入居者の方々が、心地よく、安全暮らしていくためには介護施設には様々なテーブルが必要なのです。