転職の参考に!パンフレット作成やデザインに向いている人って?

転職の参考に!パンフレット作成やデザインに向いている人って?

今では外部発注も増えてきましたが、企業内でパンフレットの作成からデザインまでを行っているところはまだまだあります。
企業内でデザインする場合、美術センスや絵心のあるスタッフが担当になる場合が多いようです。
イラスト中心のものはとくに色彩感覚と美的センスが問われますから、美大の卒業生など、イラスト制作に秀でた人が向いていると言えるかもしれません。
また、文字中心のパンフレットの場合は文字の配置にセンスが必要になりますから。
空間認識能力にすぐれた人は苦もなく進められるでしょう。
パンフレットにかぎらず、一般向けの広報資料に欠かせないのは作り手のサービス精神です。
この文章を誰がどのような視点で読むのかをつねに意識し、よりわかりやすい表現はないかとつねに考えることがPR活動の基本であり、決して忘れてはならない鉄則なのです。
デザインに興味がある人や自分の美的センスを試したい人は、パンフレット作成への道を考えてみるのもいいかもしれません。

センスと勘を活かして作成!パンフレットデザインの基本

企業活動の宣伝やイベントのPRなどに不可欠なパンフレット。
より見やすく訴求力のあるパンフレットをデザインし作成するためには、最低限のセンスが必要になります。
大きい文字でただ必要事項を書きならべただけでは本当の意味の訴求効果は期待できません。
文字の強弱をつけるのはデザインの基本です。
より強く訴えたい箇所を太文字にしたり色を変えたりすることで全体にメリハリがつき、見る側に強烈なインパクトが残ります。
高等テクニックとしては、目立たせたい部分をあえてちいさく印字することでかえって印象を強める手法も有効でしょう。
全体の構成も大切です。
そもそも何のためのパンフレットなのかを事前によく考え、無駄や重複のないように文章を配置していきます。
完成後は一度読者になったつもりで表紙から最終ページまで読み通しておくと、ケアレスミスも細かくチェックできます。

通常のパンフレットは、デザインから印刷までいくつもの工程を経て時間をかけて作成されています。