神奈川の一軒家でアンテナ工事をしたときの話

神奈川の一軒家でアンテナ工事をしたときの話

実家が神奈川にあるのだが、かつて実家で地デジアンテナ工事をしたときの経験談とそのとき後悔したことなどを思い出した。
今後、BSやCSアンテナを設置するときになって、同じ間違いをしないように、今ある記憶をまとめておこうと思う。
自分自身は集合住宅に長年住んでいるので、アンテナ工事とは関わることがなかったし、地上波のみならず、BSやCSの受信配線完備の住宅を選んで住んできていたので、テレビは、部屋のアンテナ源に同軸ケーブルをつなげれば、視られるものだと思っている。
さて、老夫婦が住む実家で、いよいよ地上波をデジタル受信しなくてはならなくなった。
この際だから、ケーブルテレビにしたらどうか、と言う話もあったが、どうも近くにケーブルがうまく引かれていないのか、具合がよくなく断念したそうだ。
いや、実際には民放はタダで視るものだということで、ケーブルテレビの有料契約に納得しなったのだろう。
そんな老夫婦はやはりできれば安価で地デジアンテナ工事をしたかったらしい。
結局のところ、高くついたようだが。
神奈川にすむ老夫婦のアンテナ工事にまつわる話は次に続く。

どこにアンテナ工事に頼めばいいのか、と神奈川の老夫婦が悩んだ

神奈川に住む実家の両親が一軒家にアンテナ工事を業社に頼んで行った時のことを記憶にたよって書いている。
彼らが最後にアンテナ関係の工事を頼んだのは、その昔、テレビが白黒からカラーになったときらしく、それ以降微調整は父が行っていたらしい。
当時は近所の電器屋がアンテナ設置も行っていたので、テレビの装置の注文とともにアンテナ工事も依頼したらしい。
よって、今回も、と思ったようだが、別にテレビまで買う必要はなかった。
それゆえ、(かつて依頼した電器屋も既に廃業しているので)どこに頼んだらよいのかわからなかったらしい。
彼らの業者探しは電話帳だけしかなく、そこから業社に電話をして相談をするのは考えなかったようだ。
結局、手っ取り早く、家から一番近い大型量販店で別室用の小型テレビを購入し、そのついでに工事も量販店のサービスを受けることにした。
この時点で、大型量販店の場合、大抵、下請けのアンテナ工事業者に頼んでいる、ということに彼らは気づかなかった。
アンテナ工事の発注までの手続は楽だったらしいが、この選択に後悔することをそのときは、この神奈川の老夫婦は知ることもなかった。

神奈川にすむ老夫婦が体験したアンテナ工事での後悔

実家の両親(老夫婦)が神奈川でアンテナ工事を大型量販店で依頼し、結果的に費用が思いの外かかってしまったという体験談を書いている。
老夫婦がアンテナ工事の申込みを店舗で行った時点で、工事業者の誰がやってくるかなど全くわからず、申込み時にわかっていたのは初回の訪問日時だけらしい。
初回は必要工事を確認に見積に来るとのこと。
つまり、工事費用も申込時に明確にはわからなかったらしい。
結果的に実家のアンテナ工事での出費は想定以上かかったという。
見積時・工事時・調整時、と工事業者が三回来たようだが、そのたびに出張費を請求されたというのだ。
「工事をするために見積(現場確認)は必要だし、工事時に設置が確実に行われていれば後日の調整も不要にもかかわらず」というのが両親の談。
さらに、「予約時刻には大幅に遅れるは、実際の工事の内容(請求額)もたいしたことがなかったし、この三回の出張費で彼らは儲けにしている」と愚痴っていた。
同様に近所知り合いなどにこのことを愚痴ったところ、「他の業社ではセットで面倒をみてくれているところがある」と初めて知ったらしかった。
「見積は高いと思ったけど、下見からアフターケアも含めて行ってくれる」とのこと。
また、「このアンテナ工事業者は、設置から時間が経った後でも、アンテナ方向の微調整を依頼してもほぼタダに近い安価な料金で請け負ってくれた」という話もさらに聞いて、この神奈川の老夫婦は自分たちの選択を後悔していた。
神奈川のアンテナ工事屋さん
情報収集は重要だし、口コミ情報も大切だね、ということが身にしみた経験だったようだ。