転職先を探すにあたって施工管理技士について参考にすべきこと

転職先を探すにあたって施工管理技士について参考にすべきこと

施工管理の仕事をする、いとこが転職を考えていることを聞いて、その仕事について調べたことを書いているが、次は転職を探すにあたって参考になることも少し加えたい。
いとこがどの分野の施工管理技士なのかわからないのだが、複数の種類のうちどの種類が一番職を得やすいのかが気になった。
建設現場で監理技術者になりやすい資格が一番よいのだが、それは工事の内容によるのかもしれないが、直接監理技術者になるための資格はないため、様々な建設工事で実務を積むことが重要らしい。
また、この資格で独立は難しいようだ。
独立した個人は、特定の建築業者が請け負う工事の監理技術者として仕事を任せられなくなる。
工事は作業員が実際に動くわけで、所属が異なる者同士では情報共有やコミュニケーションが難しいからだろうか、請け負う建築業者も独立個人の司令官を雇うことはない、ということだな。
よって、いとこも施工管理の仕事で、より充実した実務を経験でき、かつ収入がアップできる建設会社への転職を考えているのだろう。