企業の会計・税務をサポートするコーポレートアドバイザーズ

企業の会計・税務をサポートするコーポレートアドバイザーズ

企業において、経営者や経理担当が、会計、税務ということに深く関わっています。
しかし、それ以外の人は会計、税務の仕事や違いについて、詳しく知らないのではないでしょうか。
企業の会計、税務をサポートするのがコーポレートアドバイザーズです。
会計の目的は、経営の成績や財務状態を明らかにすることです。
簡単に言うと、収益から、費用・経費を引いたものが、その企業の会計上の利益となります。
税務の仕事というのは、税金についての法律をもとに、正しい税金を計算することです。
そして、課税をすることです。
税務においても、益金から損金をひいて、利益を計算します。
会計と税務ではどちらも利益を計算するのですが、会計では費用・経費として上げられるものでも、税務上では損金として上げられないものがあります。
税金に関する法律によって、それが定められています。
したがって、会計上の利益と税務上の利益は全く同じとはならないのです。
難しそうですが、コーポレートアドバイザーズは、この業務をサポートしてくれます。

コーポレートアドバイザーズはM&Aサービスも行っています

会計、税務だけでなく、M&Aサービスもコーポレートアドバイザーズは行っています。
M&Aとは英語で合併と買収の略です。
二つの企業が一つになるのが合併で、ある企業が別の企業を買うことが買収です。
M&Aは、二つの企業どちらにもメリットがあることです。
一つになることで、大きな会社になり、その他競合他社に差をつけることができます。
一つの会社ではできなかったことが、合併、買収することで可能になるのです。
違う業種の企業同士の場合だと、異業種に進出することができるようになります。
これまで、進出していなかった分野、地域への参入により、多角的な経営をすることができます。
また、自社では苦手としていた分野について、補うこともできます。
どちらの企業も行っていなかった新規事業を起こすという場合もあります。

いずれにしても、企業のさらなる繁栄、成長につながります。
企業に利益をもたらすM&Aのサービスをコーポレートアドバイザーズは行っているのです。