ハンナンフーズでは食肉の加工をおこなっています

ハンナンフーズでは食肉の加工をおこなっています

グループ企業のハンナンフーズは食肉関連の総合企業で、国内には23社、海外にも5社を置いてグローバルに展開しているグループ企業になります。
経営理念として、食肉の安定した供給をおこなうことで、地域社会に貢献していくといった理念のもとに経営をしているようです。
もちろん、食肉に関する事業展開をしているので、安心、安全をモットーにし、なるべく低価格で、家庭やレストランなどに届けられるように務めているようです。
近年では、さらなる食の安全を求められるようになってきて、加工事業部ではハムやソーセージ、ハンバーグなど食肉加工の基礎は当たり前と考え、そして、衛生の基礎や食品に対した法令に関すること、さらには細菌学に関しても、徹底した教育カリキュラムを持って、品質の管理を万全におこなっています。
ハンナンフーズグループでは、従業員も常に柔軟に行動ができるようにと考え、お互いを高め合えるような職場づくりをしていて、やる気やチャレンジ精神を重視しているので、若いうちから工程の管理者まで昇進できる場合もあるようです。

国産牛を育てているハンナンフーズの国産事業本部

ハンナンフーズでは国産事業本部を設け、北海道の十勝にも支社を持ち、大自然の中で牛を育てる事業にも携わっているようです。
肥料から牛の飼育にまで携わることで、生産者とのコミュニケーションを最も重視しているようです。
生産者が愛情を持って育ててきた牛に対しての配慮をすることは、やはり大切なことだと思われます。
近年では好まれる肉の質的に、霜降りが流行った頃のようなサシ重視という考えではなく、赤身を重視する傾向に変化しているそうです。
やはり社会的な問題になっている、高カロリー食文化への配慮からなのかと思われます。
それらの国産牛を使って、レストランやファストフード店などへ、ハンバーグやハムやソーセージなどの、加工した食肉をハンナンフーズでは販売しています。
もちろん、加工をしていない原料肉の製造、販売もおこなっているようです。
私も子供の頃からハンバーグやソーセージが好きで、未だに好んで食べています。
これらの加工食肉は子供から大人まで、誰でも好きな食べものなのでは無いでしょうか。

海外展開もおこなうハンナンフーズ

海外でも日本の牛肉は需要が高くなってきていて、ハンナンフーズではアメリカ、オーストラリア、中国、韓国に支社を置き、良質な食肉の輸入や輸出をするための体制をとっています。
もともとハンナンフーズでは、食肉が貴重だった時代から、家庭でも食卓で肉を食べられるようにと、いち早く食肉の輸入に取りかかった経緯があるようで、海外にも拠点を置いたとの話です。
そして、海外の人達にも、日本の技術で加工した食肉を楽しんで口にしてもらえるようにと、グローバルな販売体制を取っているようです。
ハンナンの業務内容を詳しく知る
ハンナンフーズでは食肉の総合企業として、さらなる食の充実と発展を目指し、輸入食肉を中心に取り扱っています。
さらに、管理本部からの考えによって、徹底した一元管理をおこない、これからも日本の食肉事情を良い物に変えていけるようにと、日本での厳しい基準の品質管理をおこない、安心や安全に対する問題を常に意識した運営体制をしている会社なのです。
ハンバーグやソーセージは、いつ食べても美味しいものだと私は思います。