その他のフェイスリフト

その他のフェイスリフト

その他の方法が増えてきた背景として、切るフェイスリフトの方法が効果は大きい面、顔を切るという手術へのリスクが大きいこととその効果がずっと続くわけではないという点があります。
その分小さなリスクで少しの効果を得られるものを継続的に行ったりする「ローリスク・ローリターン」のフェイスリフト方法が研究されてきたのですね。
さらにダウンタイムというリフトアップ効果が切れるまでの期間に注目が集まり、このダウンタイムがより長い施術が人気を集めてきています。
糸を使ったフェイスリフトがダウンタイムが比較的長いといわれているようですが、糸でも施術するところによって効果がまちまちなので一概にこれが一番ともいえないようです。
レーザー照射で肌質を向上させるとお化粧ののりがよくなったり、より効果を感じやすいという違いもあるようです。
レーザー照射は種類が豊富で値段も高額なものも多いので、自分に必要な効果をよく相談しながら決めたいですね。