京都の賃貸事務所は大阪と違い繊細面配慮

京都の賃貸事務所は大阪と違い繊細面配慮

京都の賃貸事務所概要を見てみると、大阪や神戸とは違い、繊細な心遣いが感じられるところが多い。
歴史ある古都故か、或いは風土自体が古来より「節約の都」であるためか定かではないが、各不動産業者のコンセプトがこの点に絞られている。
主要駅からのアクセス・設備品など他の都市と大差はないが、特出しているのが「必要な分だけ」というキャッチフレーズを前面に出していることだ。
大阪は商売第一、神戸は価格以上に品格重視、京都は節約志向だ。
このことは賃貸事務所の価格にも反映されていて、大阪神戸に比べ比較的安い。
勿論地理的にも田舎的ではあるが、或るデータでは2名用事務所のランニングコストが約半分となっている。
結論として、賃貸事務所の選び方だが、基本的には大阪神戸京都とアクセスや備品等大差はないが、肝心なことは大手の不動産会社を選ぶ事。
更に、間接的な営業効果を狙って、満室に近い賃貸事務所ビルを選ぶこと。
このことは、当該事務所のPR度を図る目安となり選定必須条件と言える。