憧れの新宿で賃貸オフィスを借りるには

憧れの新宿で賃貸オフィスを借りるには

自営業の方で賃貸オフィスを新宿に構えたいという人は多いのではないでしょうか。
山手線や中央線、各種地下鉄など多くの電車が止まり、日本有数の繁華街として知られるJR新宿駅をはじめ、早稲田や学習院のある文教地区の高田馬場周辺、明治神宮外苑などの公園がある千駄ヶ谷など、魅力的な街が多くあります。
どこへ出るにも賃貸オフィスを構えたら便利な街です。
賃貸で考えるならまず候補に上がる街ではないでしょうか。
区内のオフィス街は都庁のある西新宿になるかと思いますが、他にも魅力的な街が多いのが特徴です。
たくさんの飲食店もあり、遅くまで電車が走っているのでとても便利です。
区内は意外と狭く、自転車で行かれるところも結構あります。
賃貸事務所を新宿に借りたら公園や神楽坂などで息抜きできるのも魅力的な街ですね。
気になる相場ですがエリアごとに結構差があり、どの程度の予算を家賃に当てるか決めてから検討するのが賢い選び方でしょう。

新宿の賃貸オフィス選びは収入に照らして

西新宿の高層ビルに賃貸オフィスを構えたいという方は結構な額になるかと思います。
事業を始める方は事業継続計画書を提出する事で銀行から融資を受けられるかもしれませんので、きちんと事業継続計画書を作成しておくのがオススメです。
また、一坪あたりの単価を出しておくのも、自分の収支に適った物件なのか見極める時に参考になります。
賃貸オフィスという事は、家賃の半分は経費で落とせるかと思いますが、家賃に消費税がかかる事も念頭に置いておいて下さい。
新宿の高層ビルで事務所を構えるとなると、それなりの収益が見込めないと難しいかもしれません。
最近「SOHO賃貸物件」があります。
クリエイターやITなどフリーランスで働く人向けに「SOHO可」というのを見かけますが、あくまでも用途は居住なので、不特定多数の人が出入りする法律事務所やカウンセリング業などは不向きかもしれません。
新宿にも多数あるので検討してみるのもいいかもしれませんね。

SOHOという選択支も!新宿の賃貸オフィス事情

SOHOの場合はあくまでも「自宅開業」となりますので消費税はかかりません。
ただ、住民票を移す必要があります。
賃貸オフィスを借りる場合は初期費用が家賃の6?10ヶ月分くらい必要になりますので、自分の事業に合った賃貸オフィスは何か考える必要があります。
またSOHOの場合は物件の規約などで法人登記のできない場合もありますし、建築基準法によって居住せずにオフィスにするという事ができない場合もあります。

これから会社を大きくして法人化、という時につまずく可能性がありますので、物件選びは慎重にする必要があります。
初期費用や法人化、消費税や住民票など法的な事をクリアしてから「西新宿の夜景を見ながら仕事!」という計画を立てましょう。
新宿区は千代田区に次ぐオフィス街ですので簡単に考えているとつまずく可能性がありますよ。
不動産屋さんや社会保険労務士、銀行の融資課など専門家に相談するのが安心して事業を始められるかと思います。