区分マンションから見る大阪のタフネス

区分マンションから見る大阪のタフネス

大阪もかなり開発が進み、というか既に一通り開発され、もう「再」開発が進められる段階です。
1995年の阪神淡路大震災は記憶に新しい天災です。
あの時はあちこちで建物が倒れ、火の手が上がり、真っさらになってしまった地域も数多くありましたが、大阪はそこから立ち直り、多くのビルが復活し、区分マンションなんかも多く作られて、大勢の人がそこで生活を営んでいます。
かくいう私も昨年区分マンションを大阪府内に購入し、妻と子どもと幸せに生活しております。
私の住んでいるマンションが中々快適でして、さすがに賃貸とは違うというか、賃貸と比べたらいけないと思いますけど。
なにしろ管理が徹底されているのがとても満足です。
エントランスはいつも綺麗に清掃されていますし、困ったことがあると不動産屋さんは直ぐに対応してくれます。
こういったアフターサービスは、やはり区分マンションならではじゃないかと思います。
「一軒家には憧れないの?」と妹からは聞かれることもありますが、私はこの大阪のタフネスさが気に入っていて、それを良く見たいと思い、区分マンションを購入しました。
憧れが全く無いと言えば嘘かもしれませんが、私はマンションを買ったことをとても満足しています。